「始まりと終わりがあり、そしてまた別の何かが始まる」「孤独と仲良く生きる』青柳佑美子
どんなものにも、始まりと終わりがある。たとえば、同級生との出会いは、入学することによって始まり、卒業とともに、ひと区切りがつく。会社勤めによっても、新たな出会いが始まるが、転勤や転職や退社によって、その場での関係は終わりになる。もちろん、学校や職場で知り合った人と、その後もつき合うことは珍しくないが、それも、いずれはやってくるどちらかの死によって、二人の関係は終わりを告げる。いまやっている仕事にも、熱中している趣味にも、始めと終わりとがある。一生を通しての仕事とか趣味というものもあるが、それらも、やがては、この世から消えていく。そこで、人生とは、あらゆるものとの出会いと別れの繰り返しであるともいえる。それが複雑にからみ合って、人間関係や人間の内面を構成していく。消えていく何かと、生まれてくる何かの間に喜怒哀楽があり、積極的な人生とは、それをしっかりと受け止めて生きることなのであろう。青柳佑美子さんは脚本家。

大人気の巣鴨でマンションを探したい。でもどうしたらいい物件に出会えるかわからない。新星和不動産なら期待に応えてくれるだろうか。とりあえず相談してみようかな。

終わりがあれば始まりがある。それは当たり前のことだ。というより誰もが知っていることだ。そしてこれから文京区での賃貸探しが始まる。エイコーポレーションがきっと探し当ててくれるはずさ。

ついこの間、辻堂で不動産を探したんですよ。探しただけじゃなくて、購入することも決めてしまったんですけどね。リアルネットで探したら、すごい良い物件を見付けてしまって、即決でしたよ。

他の地域とそれほど違ったところはないと思います。要は気持ちの問題ですね。武蔵小杉にある不動産は自分にとってはすごく良い感じがするんです。センチュリー21アルト住販で見せてもらった物件を目にして感じたことですけどね。

気になるところって言ったら寝屋川市の賃貸なんじゃないですかね。大阪の中では結構住みやすいところですよ。あとは物件ですよね。物件探しだったらEASTコーポレーションで少し見てみるのが良いと思います。一度サイトで見てみても良いと思いますし。